人気ブログランキング |

四季の音色...

深紅の花

a0117267_17545939.jpg


            この紅い鶏頭の花には・・・私たちに不足した「気」を補ってくれる働きがあるのだそうです・・・

                秋に咲くこの花・・・夏の疲れを感じた時によく見かけます・・・そんな時期に咲きますもんね

        私はいつも立ち止まって見ていました・・・そのなんとも気持ちよさげな容姿と・・・

                          この何ともいえない鮮やかで深い赤い色が好きでした・・・


                    やっと・・・どうして自分が立ち止まってしまうのかわかるような気がしました^^♪
   

          私はこのお花からパワーをもらっていたのでしょう・・・

                   たぶんこのアリ君も・・・この花を後にした時・・・元気になっているんだろうなぁ・・・(笑)
by sikinoneiro | 2009-09-15 18:06 | Comments(3)
Commented by at 2009-09-17 21:14 x
こんばんは~・・・。

我々の宇宙が誕生したのは、137億年前・・・無と有の揺らぎのなかで、有に揺らいだ揺らぎが大きくなって爆発的に誕生したとされているのですが、38億年ほど前に地球のどこかで生命が誕生したことも、宇宙の誕生と同じ位に大事件だったのだと思うわけです。

その生命は幾多の絶滅的危機を乗り越えて、今の私達の存在に繋がっているのですから、大変エポックメイキングな事件であったと思うわけです。

そんな運命共同体としての、宇宙を旅する船の様な地球に生まれた遠い親戚関係の植物にとって、花とは人間で言えば、結婚式の様なものであるわけですから、生命活動の根源を見ているという事でもあるのでしょう・・・・。

Commented by at 2009-09-17 21:15 x
花が美しいと思えるのは決して偶然ではないと思えるのは、当に古い親戚であっても、互いに生きているもの同志の喜びや苦しみを共感しているという事のように思えるからではないかと思えてきます。

それは花が華やかに匂いを放ち蜜を蓄えるという進化の末の姿が昆虫と言う動物との共生といえる協力関係で互いに進化を遂げてきたことと無縁ではないと思えるわけです。

そして今、人間の美意識という新たな要素の出現により、植物はさらに華やかに優美に進化を遂げるのことになるのでしょう・・・・。

それこそが生命あるものの、生命そのもの本質のように私には見えたりするのです。
Commented by sikinoneiro at 2009-09-19 19:01
なんだか遼さんの話を聞いているといつも思うのですが・・・今ここに生きていることがとても素晴らしいと思えますね^^♪

難しいことはよくわかりませんが・・・^^;

動物にしても昆虫にしても植物にしても・・・生あるものがとにかく生き抜くことが・・・過去にも未来にもつながる一本の線なのでしょうね(^^)

乗鞍と上高地に出かけてきました~♪